夫に浮気の慰謝料を払わせたいですよね!

夫の浮気が発覚して離婚をすることになってしまったあなた。

 

分かれることを決意したからにはもう遠慮は要りません。慰謝料をできるだけ取ってやりたいところです。

 

では、浮気が原因で離婚に至った場合にはどれくらいの慰謝料が認められるのでしょうか?

 

個々のケースで当然金額は異なってきますが、その相場は100万円〜300万円となっています。

 

どうですか?意外と少ないと感じませんか?

 

慰謝料というのは精神的な苦痛を受けたときに、その代償として求める慰謝、つまり慰め(なぐさめ)料のことです。

 

離婚する場合は他にも財産分与等の請求ができますが、慰謝料という名目で貰える金額の目安額は意外と低いということになります。

 

ではどのような事情が慰謝料算定の基礎になっているのでしょうか。

 

 

■慰謝料算定の基礎

 

1婚姻期間
夫婦としての婚姻期間が長いほど、その安定した生活を壊されたショックの度合いが大きいと判断され、慰謝料が高額になります。

 

反対に、すでに夫婦関係が破たんしていて、その後に浮気・不倫が行われた場合には相手方を責めることができないので慰謝料を請求できません。

 

2自分自身の責任
あなたの配偶者に対する日ごろの態度や言動も算定に響きます。日頃から相手を冷遇したりしていた場合はあなたにも責任があると判定され減額に傾きます。

 

3浮気不倫の期間や回数
肉体的な関係が続いた期間や回数が長く、多いほどあなたの苦痛の度合いも大きいと判断されるので増額に傾きます。

 

4子どもの存在
あなたと配偶者の間に子どもがいれば、算定は増額に傾きます。
浮気相手との間に子どもが出来てしまった場合もあなたの苦痛が増しますので増額に傾きます。

 

5反省度合
浮気不倫の当事者の反省度合も算定に響きます。
書面による反省文の提出や職場不倫の場合はどちらかが責任を取って退職するなど社会的な制裁を受けた場合は算定は減額に傾きます。

 

6社会的な地位や資力
浮気不倫の当事者に資力がある場合、少ない慰謝料では反省もされず、抑止力になりません。
資力がある場合は制裁としての役割をさせるために増額に傾きます。